8月にロックダウンになり1か月以上が過ぎました。
今回の外出規制を伴うロックダウンは9月15日までの予定でしたが、月末まで延長されることになっております。
街にいるのは公安の人達ばかりで、バイクも車もほとんど見ません。
現地にいる皆さんは本当に大変な時期です。

ホテルとしては宿泊者に提供する食事の材料確保が非常に大変な時期でした。
今でこそ届けてくれる業者が出てきておりますが、8月はホーチミン市に供給される食材が減少し、ホテル用の食材を提供している会社も休みになり、またどのスーパーも食材がない事態が起きました。
プロスタイルホテルホーチミンでは、8月に農家への伝手を頼って必死に連絡をし、ダラットから野菜、肉を直送してもらうことに了承して頂けたことで、外出が出来ない70名の宿泊者の皆様に毎日3食ご提供することができホッとしております。

ホテルには日本からどのような状況かのお問い合わせが来ることが増えており書かせて頂きました。
現地にいらっしゃる駐在の方は、ワクチンを打つことも目的に8月に一時帰国された方が多くいらっしゃいます。
また新規入国ができない方もいらっしゃいます。

再入国の際には入国許可証が必要になり、新規入国の際はビザが必要になっておりますが、
現在、外国人の入国フライトに優先順位がつけられておりまして、
1.管理者の入国許可証を持って入国の方
2.専門家、技術者の入国許可証を持って入国の方
3.ビザで入国の方(入国後に労働許可証を取得される予定の方)
となっております。
恐らく10月にロックダウンが解除されるまではこのままではないかと思われます。
また今後ですが労働許可証取得前提でない入国は難しい状況が続きそうです。

ホテルを運営するプロポライフベトナムは入国許可証、ビザ、労働許可証の専門家です。
時折外出規制やロックダウンが起きるコロナ禍でもサポートをさせて頂いてきております。
日本人コンサルタントがご対応させて頂いておりますのでお問合せ下さい。